MENU
ブログ村に参加中です。

主なパスタの種類

Pocket
LINEで送る

今回は、主なパスタの種類です。

乾燥したパスタだけでも150種類以上あり、大きく分けてロング・ショート分けられます。

すべて書き切れないので代表的なパスタをご紹介。

まずは、ロング・スパゲッティ「ひも」が語源の直系1.6~2.2㎜のロングパスタの総称

1.4~1.6㎜の細目は、スパゲティーニと呼ばれます。

どんなソースにも万能。

カッペリーニ「髪の毛」を意味する直系0.9㎜前後の極細パスタ。

そうめんのような感じで特に冷製パスタやスープパスタに使われます。

リングイーネ「小さな舌」という意味で、幅2~3㎜のスパゲッティを押しつぶしたような断面が楕円形のパスタ。

ジェノベーゼソースによく使われます。

フェットチーネ「薄切り」が語源のきしめんのような幅4~8㎜の平打ちパスタ。

ミートソースやコクのあるクリーム系に合います。

ショート ペンネはペン先のようなマカロニを斜めに切った形。

どんなソースにも合い、筋の入ったものはペンネリガーテと呼ばれ、よりソースが絡みやすいのが特徴です。

フジッリ「糸巻き」を意味するらせん状のパスタ。

ねじれ溝にソースがよく絡み、トマトや、ミートソース、クリーム系スープパスタなどに使われます。

コンキリエは、貝殻のような形でシェルパスタとも呼ばれ、溝に具やソースが絡みます。

大きいものは肉などを詰めてグラタンにするのもいいでしょう。

ファルファッレは「蝶」が語源のリボン形のパスタ。

中心部は堅め、端は柔らかめと歯ごたえが違う茹であがりが持ち味。

特にクリーム系と相性が抜群です。

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の出来事や情報又意見・感想等を配信します。共感してもらえたらいいな~と思ています( ´∀` )

コメント

コメントする

目次