MENU
ブログ村に参加中です。

メークインと男爵イモをレンジ・蒸す・茹でるで味比べ

Pocket
LINEで送る

今回は、メークインと男爵イモをレンジ・蒸す・茹でるで味比べです。

まずは、固さから(茹でる)では、茹でている最中にじゃがいもに水分が入るせいか、程よい固さに。

特にメークインは滑らかな舌触りとなる。

ただし、茹ですぎると水っぽくなりベチャッとした仕上がりになるので注意が必要です。

(蒸す)は、3種類の加熱方法の中で最も程よい固さに。

男爵イモはホクホクになりメークインは、ねっとりとした舌触りが絶妙。

(茹でる)よりも水が直接入りこまないの分ベチャッとした仕上がりなることが少ないです。

(レンジ)じゃがいも自体の水分とまわりについた水滴のみで調理するため、圧倒的に水分量が少ない。

部分的にパサパサしており(茹でる)(蒸す)よりも固めなのが特徴。

次に味&食感(茹でる)男爵イモは、ホクホクして「これぞポテサラ」という安心な味。

一方メークインは、ねっとりとした舌触りでイモ本来の味が感じられ、ほかの具材がなくても美味しくいただけます。

(蒸す)は(茹でる)と、ほとんど違いがなく男爵イモのホクホク感とメークインのねっとり感がしっかり出ている。

一番のおすすめ調理法で水分バランスがよく(茹でる)より栄養素の流出も少ない。

(レンジ)場合(茹でる)(蒸す)は外から水分を入れながら加熱するので、しっとりとした仕上がりになりますが、(レンジ)は水分不足で男爵イモ・メークインともに、もっさりした食感に。

他の2種類の調理方法よりやや味が落ちる。

どうでしょう、一番はやはり(蒸す)が味・固さにも良い結果が出ています。

次いで(茹でる)です。

水分が直接入りやすいせいかベチャッとなりやすいです。

最後に(レンジ)です。

(レンジ)は、(茹でる)と反対で水分不足。

パサパサ感が気になります。

Pocket
LINEで送る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の出来事や情報又意見・感想等を配信します。共感してもらえたらいいな~と思ています( ´∀` )

コメント

コメントする

目次