MENU
ブログ村に参加中です。

実際に見聞きしたご近所トラブル!

Pocket
LINEで送る

今回は、実際に見聞きしたご近所トラブルです。

 

シェフ
こんばは、シェフです。

今日もよろしくお願いします。

客人
こんばんは!

よろしくねー。

シェフ
早速ですが、ご近所トラブルって見たり聞いたりしたことはあるかい?
客人
見たことはないけど聞いたことはあるよ。

噂でね。

シェフ
噂かー。

じゃー具体的なことは知らないんだね?

客人
そうだよ。

あくまで、噂話で聞いたことがあるだけであって具体的な内容までは知らないよ。

シェフ
そこで今回は、実際に見聞きしたご近所トラブルをお話するよ。
客人
なんか怖い話になりそう。
シェフ
まあ~聞いてください。

 

遡る事3,4年前の出来事です。

私の家の隣には、家族連れの世帯が2つ並んで建っておりました。

手前に住んでいる家族連れは旦那さんと奥さん、それと赤ん坊の3人で暮らしていて

奥に住んでいる家族連れは旦那さんと奥さん、それに小学生の男の子・女の子の4人で暮らしていました。

赤ん坊と一緒に暮らしている家庭は、夜泣きが酷く深夜になると毎日のように赤ん坊の泣き声が聞こえてくるのです。

一方のお子さんの2人と暮らしている家庭では、子供たちのはしゃぐ声とそれを叱るお母さん、子供たちとじゃれ合うお父さん、そして頻繁に起こる夫婦喧嘩。

が印象的でした。

 

その後2,3年前に赤ん坊と3人で暮らす家族が引っ越していき

後に入ってきたのが60代くらいの男性で、一人暮らしをしているお家です。

一人暮らしをしているお家は窓のカーテンを閉めたままで開けるところ見たことがありません。

本当に静かなもので今、家に帰ってきているのかさえ気付きません。

 

4人家族のお家では、いつものようにお父さん・お母さん・子供たちの声が行き交う日々。

一人暮らしをしている男性が引っ越してきてから2,3カ月すると、その男性は組長さんに何やら文句を言っているのです。

その文句とは、隣の家の話し声がうるさくてしょうがない!

と組長さんに言い寄り、組長さんは慌てて隣に住んでいる4人家族の家へ行くのです。

それを聴いた隣のご家族は、しばらくは静かにしているものの1カ月経つといつもの賑わいが。

堪りかねた一人暮らしの男性は、自分の家だかわかりませんが家の工事を始めるのです。

防音効果でしょうか。

家の壁面工事を依頼するのですが、またそこで一人暮らしの男性と工事業者との間でひと悶着が( ゚д゚)!

見積もりを見て男性は、そんなに掛かるのですか!?と

工事業者は、家全体となるともう少し費用が掛かるかもしれません。と

落胆表情を隠し切れずに首を落とすのです。

 

しばらくは、ショックを受けたせいか工事が直ぐに始まったわけではありません。

2週間後位して工事が始まるのです。

その間の工事業者とのやり取りはしりません。

工事は1カ月位かかり工事中、男性は家に住んではいない様子でした。

何故ならいつも家に置いてある車が止まっていなかったからです。

工事を終え男性が戻ってきました。

相変わらず家族連れの声が聞こえてくるのですが・・・

工事のおかげかは知りませんが男性はおとなしく過ごすのです。

シェフ
以上、ご近所トラブルの実話でした。
客人
なんかこの一人暮らしの男性、神経質すぎるんじゃない?
シェフ
そうだね。

一人暮らしで一戸建て住むと寂しくなるんじゃないかな?

客人
その話を聞くと人の事は言えなくなってきた。
シェフ
大丈夫ですよ。

君の性格なら( ^ω^)・・・

それでは、また。

客人
みんなもご近所トラブルに巻き込まれないようにね!

それじゃ、またねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の出来事や情報又意見・感想等を配信します。共感してもらえたらいいな~と思ています( ´∀` )

コメント

コメントする

目次