MENU
ブログ村に参加中です。

秋雨前線の季節2019

Pocket
LINEで送る

今回は、秋雨前線の季節2019です。

 

シェフ
こんばんは、シェフです。

今日もよろしくお願いします。

客人
こんばんは!よろしくねー。
シェフ
この時期、雨が降る日が多いですよね?
客人
そうだね!

ここ最近、雨が降ってばっかで外に出かけるの嫌になっちゃう。

シェフ
仕方ないよ。

季節がらですので。

客人
でもね~。

外に出ない分、家の中ですることがあるからね。

シェフ
それは良かったですね。

それでは続きをどうぞ。

 

秋雨前線とは、北にある秋の冷たい空気と南の暖かい夏の空気でできる境目の事。

 

この性質の異なる空気がぶつかることで上昇気流が起こり雨雲が発生します。

 

だからこの雨雲により雨が降る日が多くなるのです。

 

9月・10月が多く雨を降らせます。

 

秋雨前線9月・10月をピークに徐々に南下するのです。

 

秋雨の原因はシベリア高気圧・移動性高気圧・太平洋高気圧・オホーツク海高気圧の4つの高気圧で影響します。

 

特にこの時期は台風に警戒です。

台風がやって来ると秋雨前線に向かって温暖化気流が流れ込み積乱雲を発生させ大雨を降らせます。

洪水などの水害に注意しましょう。

また、秋雨前線の通過後は一時的に西高東低になるので寒気やって来ることがあります。

寒気は、とても冷たく急に冷え込む為、体調にも十分注意が必要です。

 

一方で梅雨前線とは、北に春の空気と南に夏の空気の境目の事。

夏になると南から夏の太平洋高気圧が強まり、次第に梅雨前線は北上します。

この間、6月・7月が最も多く雨が降ります。

 

そこで秋雨前線は、梅雨前線と同じ停滞前線でも梅雨前線ほど長続きしません。

秋雨は、終わりより始めの方が雨量が多い傾向にあります。

 

シェフ
以上、秋の季節に雨が降る原因でした。
客人
なるほどねー。

秋雨前線も梅雨前線も南に夏の空気があるんだね。

シェフ
そのとうり。

梅雨と秋雨は、一つの雨季と考えられ夏を挟むから二分していると言われている。

客人
まあ~どちらにせよ雨を降らせる事には違いはないのだから。

この時期に気を付けることは、台風と気温の変化だね!

シェフ
おっしゃる通り。

それが一番大事です。

それでは、また。

客人
みんなも台風と体調の管理には気を付けるだよ!

それじゃまたねー。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々の出来事や情報又意見・感想等を配信します。共感してもらえたらいいな~と思ています( ´∀` )

コメント

コメントする

目次